まじで金ない

ディーラーローン返済の為にカードローン

新車で自動車を購入した際に、残価型クレジットのディーラーローンを組んだのですが、その残価クレジットの支払い方法をギリギリまで考えていなかったので急な入り用ができてしまいました。

 

貯蓄もほとんどないに等しかった為、キャッシングを始めは利用しようかとも考えました。
しかし、よくよく金利のことを考えてみるとキャッシングは金利が高く、返済出来なくなってしまうのではと不安に思いました。

 

そこで調べてみるとカードローンの金利の方がお得だったので、カードローンで一先ず残価クレジットの支払いを行いました。審査も思っていた以上に早くて、電話で職場に在籍確認が必要にはなりましたが借り入れと分からないようにされていました。

 

金利は安めではありましたが、借金が増えてしまったような感覚でしたので、出来るだけ早く返済をしようとしました。総額にして70万円と高額でしたので、返済には1年かかりました。

 

少し無理をしての返済を私はしましたが、カードローンの種類によってはマイペースにゆっくりと返済出来るものもあるようですので、カツカツの生活を強いられているときにまた急な入り用が出来た際には、ゆっくりと支払うことが出来ることを知りました。

 

ローンなどの借り入れは早く完済するに限りますが、手段の一つとして覚えておきたいですね。